公益財団法人 母と学生の会。MOTHERS AND STUDENTS' ASSOCIATION 平成22年9月21日府益担第2789号認定。私たちは母性愛の精神で学生さんの夢の実現をサポ-トしております。

母と学生の会について

設立目的  The purpose of establishment

故郷を遠く離れて勉学にいそしむ大学生の皆さんのために、温かい宿舎を提供しそのよき相談相手となり人生の問題、衣類の繕い、健康問題等について、いつも母代りとして見守り、心の支えともなってあげたい。
そして、国際化社会を迎えた今日、益々数を増している各国留学生の皆さんの為にも 交流を通して温かい手をさしのべ、国際親善に寄与したい。
このような希いと望みを持つ母と若人が結ばれて出来た会、これが「母と学生の会」です。(設立時冊子より引用)

For students far from home and their homeland,we offer:

a warm dwelling place as home,helping hands of motherly love,
to help promote international friendship in today's global society.

MOTHERS AND STUDENTS' ASSOCIATION was founded upon these wishes.

構成  Organization

設立 昭和17年(1942年)12月28日 文部省より財団法人の認可をうける。

本部 Head Office
理事長 中山 眞理子
〒189-0024
東京都東村山市富士見町1-7-2 MAP
電話 042-393-8330、FAX 042-393-8360
Postal code: 189-0024
1-7-2 Fujimi-cho, Higashimurayama-city, Tokyo
TEL: 042-393-8330 FAX: 042-393-8360
東京支部 Tokyo Branch

支部長 関根 福子
〒189-0024
東京都東村山市富士見町1-7-2 MAP
電話 042-393-8330、FAX 042-393-8360

会費/年 3,000円

Postal code: 189-0024
1-7-2 Fujimi-cho, Higashimurayama-city, Tokyo
TEL: 042-393-8330 FAX: 042-393-8360
Annual member fee:¥3,000
千葉支部 Chiba Branch

支部長 吉原 喜代
〒264-0034
千葉市若葉区原町921-1 MAP
電話 043-254-6200

会費/年 3,000円

Postal code: 264-0034
921-1 Haramachi, Wakaba-ku, Chiba-city, Chiba
TEL: 043-254-6200
Annual member fee:¥3,000

会の歴史  History

昭和13年 風紀取締りが厳重に行なわれる中、大学専門学校の学生が多数検挙される。
これをきっかけとして、かねてから社会風教に多くの関心をもつ母等が、文部省、警察庁、一般教育家及び母の会、婦人団体等に二十数度の参集をもとめ、8月31日、学生風教問題懇話会の結成を見るに至った。
昭和15年 「留日学生隣組合」を結成し、タイ、フィリピン、中国などの留日学生180余名の会員の衣食住の世話をする。
昭和17年 12月28日文部省より財団法人の認可を受け、「財団法人 母と学生の会」 発足。
戦争苛烈化に伴い、宿舎を焼かれた学生に、居所の斡旋。被服の繕いなどをしたり、出陣学徒の世話、戦地への慰問などに心を砕く。また帰国できなかった中国、フィリピンなどの留日学生のため身体の安全、食料の確保などに尽力した。
昭和21年 学生のために喫茶店「憩の家」を銀座に開設。
昭和22年 世田谷田谷にあった元陸軍被服庫を改造。
学生寮「時習学舎」として30名の復員学徒を収容
昭和23年 時習学舎の隣保事業として、同区内の学童1,000名を対象とする児童福祉事業を開始。
昭和25年 学生被服補修事業を復活。
昭和26年 京都支部設立。
昭和28年 インドネシア留学生数十名来日を機に留学生部の事業再開。
昭和30年 「時習学舎」建物を増改築。 各大学生66名が入寮。
昭和35年 児童館竣工。社会法人善行会より被服補修奉仕に対し表彰状を受ける。
昭和40年 千葉支部設立。千葉大学留学生のための活動開始。
昭和41年 児童館子供会が東京都教育委員会より優良青少年団体として表彰を受ける。
昭和42年 京都支部女子寮「国際女子留学生センタ-」落成。
昭和44年 札幌、仙台、群馬、埼玉、山口、熊本の6支部設立。
昭和46年 日本船舶振興会福祉事業団(現財団法人 日本財団)、日本万国博覧会記念協会の助成と本会役員、OBや一般篤志家の協力を得て、東村山市富士見町に学生寮(時習学舎)及び本部管理棟を新築落成。世田谷より移転。
昭和50年 長年補修奉仕に携わった母の代表22名が東宮御所に於いて, 皇太子妃美智子殿下よりねぎらいと励ましの言葉を賜った。
昭和56年 一橋大学長より、中和寮や一橋寮に対する長年の被服補修奉仕と時習学舎に多数の一橋大学生が寮生として世話になったことに対して感謝状 が授与された。
昭和58年

40周年

昭和59年 外務大臣から諸外国との国際交流に尽力したとして表彰状が授与された。
昭和62年 京都支部「国際女子留学生センタ-」は国際交流基金より国際交流奨励賞地域交流振興賞を授与された。
昭和63年 京都支部は国際的文化交流、理解の促進に大きく貢献したとして外務大臣より表彰状を授与された。
平成3年 理事大野恵美子氏千葉支部長に就任。
平成5年

50周年

母と学生の会50周年記念祝賀会をアルカデイア市ケ谷にて開催。
平成7年 財団法人日本船舶振興会(現財団法人 日本財団)より一千万円の助成金を受け、「時習学舎」の建物補修、設備の充実を図る。
平成11年 目芳子理事長定年に伴い、理事の互選により理事柴田實氏理事長に就任。
理事渡辺敦子氏札幌支部長に就任。
平成12年 寄付行為改定。
理事大野美恵子氏退任、吉原喜代氏千葉支部長に就任。
寄付行為再改定。
平成13年 京都府民間留学生寮等施設整備助成金事業助成金を受け、京都国際女子留学生センターの改修工事を行った。
千葉支部「留学生受入制度100年記念功労者」として文部科学省より表彰。
平成14年 京都支部長山本君子氏逝去に伴い、理事河田洋子氏が就任。
平成15年

60周年

寄付行為再改定。
所得税法上並びに法人税法上認定の特定公益増進法人であることを文部科学省より認定された。

平成16年 財団法人 日本財団より780万円の助成金を受け、各企業及びOB・ 在寮生父兄・一般篤志家からの寄付・本会役員の協力を得て、「時習学舎」の建物補修と各室にク-ラ-を設置。
理事長と東京支部長の兼任が廃止。理事関根福子氏が東京支部長に就任。
平成17年 時習学舎に光ファイバーを敷設 。ホームページを開設
平成18年 寄附行為改訂
平成18年3月をもって札幌支部を閉鎖。
理事会の互選により理事中山眞理子氏が理事長に就任。
平成19年 平和中島財団国際交流助成金を受け東京支部交流事業を拡大。
平成20年 地域との共生を目的に「時習学舎」前に交流事業掲示板を設置
平成21年 昭和44年以来文部省、日本学生支援機構からの支援、共催事業として 東京支部における留学生対象史跡見学旅行実施。
平成22年 10月1日付で公益財団法人登記。
日本財団助成金を受け時習学舎寮改修工事実施。
平成25年 記事を見る3月31日をもって京都支部を閉鎖。定款改訂
東京外語大の「日新寮の思い出」にて話題に。
平成26年 6月:ホームページをリニューアル。
7月29日:京都支部廃止にかかる公益変更認定完了。
8月4日:中山理事長が外務大臣表彰を受賞。
9月:元外大日新寮生より感謝状を贈られる。
平成28年

70周年経過

時習学舎ホームカミングデイを開催。

母と学生の会について

contact

公益財団法人 母と学生の会

MOTHERS AND STUDENTS' ASSOCIATION

〒189-0024
東京都東村山市富士見町1-7-2
TEL:042-393-8330
FAX:042-393-8360

Postal code: 189-0024
1-7-2 Fujimi-cho, Higashimurayama-city, Tokyo

TEL:042-393-8330
FAX:042-393-8360

お問い合わせ